くらくらころころ 遊戯王ブログ

遊戯王をもっと楽しむブログ

【遊戯王】2020 10の新制限についての雑感

くらくです。

 

ついに制限改訂がきましたね!!!

普段はこういう記事はあげないのですが、最近更新頻度をあげる意識をしているの簡単ですが雑感を書いていきます。

 

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

 

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

2020年10月施行のリミットレギュレーション

  • 禁止

   超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
   SNo.0
ホープ・ゼアル


  • 制限 

   宵星の騎士ギルス
   ワン・フォー・ワン


  • 準制限

   希望の記憶
   天底の使徒
   墓穴の指名者

   

  • 無制限

   輝白竜ワイバースター
   処刑人-マキュラ
   ネクロフェイス
   真紅眼融合
   パーソナル・スプーフィング

 

 

 

きになるところをピックアップ

個人的に気になったところをピックアップしていきます。

前述のリストの赤文字を中心にお話しします。

ドラグーンとゼアルが禁止に

ついにドラグーンオブレッドアイズが禁止になりました。

環境目線では、「もう許されている」という意見も多く見られていたので、禁止になるかどうかは諸説ありましたがこういう結果になりましたね。レッドアイズ使いには朗報なのではないでしょうか!?

 

個人的にドラグーンが許されているならマスターPも帰ってきていいだろうと考えていたので、結果的にはよかったかなと思います。(マスターPには苦い思い出しかないので…)

 

ゼアルはヌメロンネットワークから簡単に出ることから、前回の改定から禁止候補としてあげられていました。しかし最近はなりを潜めていたので、このままお流れかなーと思っていたらがっつりかかりましたね。

正味しょうもないカード&今後の新規の邪魔になるので禁止はオールおっけーです。

 

また、ドラグーンがいなくなるということで《禁じられた一滴》のメイン採用が少なくなることが見込まれます。

今後は相性の良いデッキ、もしくはサイド投入が普通になりそうです。

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

 

ギルスとワン・フォー・ワン

制限でないと許されない効果を持っているギルスが遂に制限入りです。まあ誰もが「そうだよな」って思うところでしょう。フレーバー的には好きなカードですが、ギミパペでちょっと使っただけで終わりました…。

(実質ギミックパペットーキラー・ナイトだ!!とか言って騒いでましたが、ギミパペ要素が邪魔すぎて萎えました…)

 

そしてワンフォーワン!?

今回の1番の謎要素です。おそらくオルターとヌメロンへの牽制(あとSPYRAL?)でしょうが、そもそもゼアル禁止で確実に環境から消えるヌメロンに対してやる必要はない気もしますし、オルターに関してはスプーフィングを返しているので結局プラマイゼロ、むしろプラスぐらいな気もするので、カジュアル層が悲鳴をあげそうな規制ですね。

 

 

墓穴の指名者が準制限に

墓穴の指名者が準制限になりました。最近再録したばかりでは…?

個人的にかなり好きなカードで、20枚近く持っているので準なのは痛いですね。まあ好きなカードとは言いつつ、そもそもそこまで採用していないのであまり関係ないかもですが。

 

誘発ケアとして使われがちですが、単純に妨害としても強く、墓地効果にチェーンして除外しつつ無効したり、対象をとる蘇生に合わせたりと色々できる便利カードです。

 

シャドール使いからすると、《影依の偽典》である程度はケア可能ですが、回収効果に対してネフィリムを除外され、返しのターンにネフィリムの効果を使えずそのまま負けてしまったり、2枚目のミドラで耐えているところに墓地にいる1枚目を除外され効果を無効にされたりと苦い経験が多いカードですね。

 

うららのようにまた戻ってくる可能性があるカードかなと思います。様子見って感じなんでしょうか 

 

 

ドラグマ規制で天底の使徒が準制限に

ドラグマもしくは召喚獣の規制は確実にくるとは思いましたが、天底の使徒が準という比較的軽い規制となりました。

天底の使徒からの動きが最強なので、この枚数が少なくなるというのは少し痛手ではありそうです。

 

希望の記憶は2枚になった時点で環境的にはもう採用はされないカードとなると思いますが、天底は今後も使われそうですね。

 

次にはもう少しかけられそうな気がします。

 

総括

全体的に妥当というか物足りない、刺激にかける制限改訂でしたね。

(というか今回は発表方法に対しての疑問が大きすぎてなんとも……悪手すぎませんか…?) 

 

召喚周りがかけられると思っていたので、それがないのは意外でした。もうハリファイバーは生き残りを祈られることも少なくなってきたので安泰ですかね。

 

アルミラージは危ういと思っていましたが、生き残りました。あと私怨をいえば、サンドラが不快苦手なので完全に環境から消えるレベルで一度規制してほしいんですけどね。

 

禁止から帰ってきたカードがないので、この改訂が与える環境への変化はリストから読み取れる範囲だけって感じですね。

  

やはりスプーフィングが帰ってきて141が制限なのが解せないですね〜。今後レベル1を重要視するテーマが出てくるのでしょうか?

 

後からならどうとでも言えますが「ミドラーシュがかかるのでは」みたいなこと言われてましたが、私はないと考えていたのでほっとするまでもありませんでした。

そもそもかかるなら禁止にしないと意味ないですし、またテーマの顔が禁止になるのはやめてほしいですよね…。

 

アナコンダが環境で使われるのも少なくなりそうです。やすくなりますかね?

 

そんな感じで今回は終わります。さ〜〜て早くマギストスシャドール組むぞ〜〜(サンドリヨン到着待ち)

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com