くらくらころころ 遊戯王ブログ

遊戯王をもっと楽しむブログ

【遊戯王】マギストスシャドールデッキレシピ!かなり融合が安定します!【シャドール考察】

こんにちは、くらくです。

 

組み直したシャドール デッキの記事になります!

今回は「RISE OF THE DUELISTライズ・オブ・ザ・デュエリスト」にて収録されたシャドール 新規影依の偽典》と、「デッキビルドパック ジェネシスインパクターズ」の新テーマ「マギストス」を採用したデッキレシピになります。

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

 

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

デッキレシピ

f:id:yamachi_9rakura:20201010143359j:plain

Deck Makerにて作成

メイン

前回の構築はこちら

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

 

シャドール

シャドールの採用枚数は

の11枚です。今回のマギストスシャドールの構築は「融合を通す」ことを意識しているため、シャドールの枚数は気持ち多めにしています。

 

エリアルが2枚の理由もそのためです。自分の中で今のエリアルの枚数は

  • 融合の確率をあげている or インカーネーションでの展開をする構築であれば2枚
  • 融合できなかった場合のサブプランが厚い構築であれば1枚

という基準にしています。

 

 

ドラグマギミック

天底の使徒》が1枚初動となり得ることから、採用しているギミックです。準制限ですが、通した時のパワーは圧倒的です。

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

採用枚数は以下の通りです。

マクシムスが抜きで最低限の採用になってます。

 

天底スタートはやはり強いですが、このデッキは融合を多用するため、プレイの順番は気をつけます。

融合を通してから最後に天底を撃てるとめちゃくちゃ強いです。 

 

今回はヌトスを採用しているため、シャドールに触れる必要がない場合や、スキドレ等の永続を割りたい時に重宝します。

基本的には以下のようなフルルドリスを構える動きになります。

  1.  天底の使徒》でアプカローネを落とし、エクレシアをサーチ
  2. アプカローネ 効果で任意のシャドール をサーチ
  3. エクレシア通常召喚でルルドリスサーチ

 

 相手ターンに融合体着地、フルルドリスで擬似ヴェーラーの2妨害が行えます。

 

 

 

融合

融合魔法・罠の採用枚数は

  • 影依融合3
  • 神の写し身との接触3
  • 超融合2
  • 影依の偽典1
  • 聖なる法典2

の11枚です。かなり多めですね。

 

影依の偽典が強すぎます。

偽典を貼ることで最低限の妨害をこれ一枚でできるのがほんと偉いです。今のシャドールはこれにアクセスすることを一番に考えてプレイする必要があります。

 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

現環境では、この《影依の儀典》を維持して機能させるだけで、勝ててしまう試合が多くあります。

ミラーでのアプカローネによる永続無効や《コズミック・サイクロン》による除外等が痛いです。

ただしこのデッキではそれらに対する対抗策はこうじておらず、それらには弱い、という欠点があります。

 

 

 

 マギストス

光属性魔法使いで召喚時融合を持ってこれるというかなりシャドールと噛み合ったカテゴリです。

 

詳しくは過去記事を参考ください! 

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

手札誘発

手札誘発は

  • うらら3
  • 増G3
  • わらし1
  • ヴェーラー1

の8枚です。平均的な枚数だと思います。

わらしは現環境で打てるタイミングが多く、シェキナーガを採用したこと、ルークを撃つ際に墓地に地属性が欲しい時があることから採用しています。

 

 

エクストラ

 シャドールデッキの回し方やテクニックはこちら↓

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

融合モンスター

融合モンスターは

  • ミドラーシュ2
  • ネフィリム3
  • アプカローネ2
  • シェキナーガ1

の9枚です。

 

シャドール についてはあまり代わり映えはないですね。採用理由は前回と変わらないので、前回のデッキレシピ記事を参照していただければと思います。

 

超融合用として《捕食植物ドラゴスタペリア》を採用しています。やはり強いです。サンドラの超雷龍を吸ったり、ミラーで出すことも

 

あとは《聖なる法典》(マギストス・インヴォケーション)で魔法使いの下級シャドールと融合シャドールを混ぜて出すこともありますね。

 

 

 

リンクモンスター 

リンクは

  • グラコン
  • クロシープ
  • セレーネ
  • アクセスコード

の4枚です。融合に寄せているため、リンクは少なめですね。

 

グラビティ・コントローラー》はネフィリム成立から《影依の偽典》を構えるカードです。

例としては、

ネフィリム成立→ネフィリム効果でリザード落とし→処理後リザード効果で偽典落とし→ネフィリムをグラコンに変換で偽典を回収

 こんな感じです。

 

これにより《影依の偽典》を構えて、ネフィリム or ミドラ or アプカを相手ターンに着地させられます。

 

相変わらず使用頻度は高いですね。

 

クロシープ》は展開、キル、偽典とセットで構えと用途が多いです。やはり抜けませんね。

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

神聖魔皇后セレーネ》はだいたいアクセスコードに繋げてゲームを終わらせます。

ドラグマとサンドリヨンは魔法使いなため、かなり出しやすくなっています。 

 

《アクセスコード・トーカー》はゲームを終わらせる男です。

ネフィリム+アクセスでワンショットを狙いに行きます。

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

 サイドデッキ 

サイドについてはあまり語ることはないですね。

今回のデッキはバックを重めに見ています。

 

 

 

さいごに

今回は、マギストスシャドールのデッキレシピを紹介しました!

 

融合に触れやすく、サンドリヨンが光なおかげでかなり安定して融合を通すことができます!!

サイチェン等をしないカジュアル戦であれば、かなり安定して戦えるのでおすすめですね!

 

今は「魔導」採用型の構築を使っています。ドロー運に寄りますが、融合が通りにくい現環境戦であればこちらの方が安定するなぁという気がしますね。

サンドラが増えてきたので、「カグヤ採用型」もありかなっていう気もします!

yamachi-9rakura.hatenablog.com

 

 

ゲールドグラ型もめちゃくちゃ強いんですが、個人的に自分のプレイスタイルと合わない感じがして、やめてしまいました。(ドグラを売って食べた焼肉美味しかったです…)

 

今期はめちゃくちゃ楽しそうな環境ですがあまり大会出られそうになくて悔しいですね。CSの動画は高頻度で見ているので、動画勢みたいになっちゃってますw

 

マギストスが収録された「デッキビルドパック ジェネシスインパクターズ」の購入はこちらから


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズ BOX CG1692